戸建てにあるすべての不用品を回収した場合の費用とその内訳を知りたい

>

一軒丸ごと不用品回収をするのに知っておきたい事

回収料金の目安

自治体で回収がルールが細かく面倒な部分はあったとしても、引き取ってもらう不用品に対して、金額がわかりやすいのが安心です。

不用品回収業者もある程度の量がないと回収が依頼できない訳ではありません。
業者によるかもしれませんが、一品からでも回収はしてもらえますし、それぞれの品物に対して目安となる個別の費用が設定されています。
自治体に比べたら家に受け取りに来るなどの手間も人件費もかかっていますから、費用は高くなってしまうのですが、自治体では回収対象外の品物でも回収してもらえると言うメリットがあります。

個別の費用の目安が設定されている業者ならインターネットでも料金が確認できるかと思います。

サイズの大きな家具、ピアノは万単位ですが小型家電やソファなどは数千円で回収してくれるでしょう。

便利なパック料金

家ごとの不用品を回収したいのなら、パック料金の方が向いているかもしれません。

パック料金の場合には不用品の量に対して軽トラと利用するのか、2トンのダンプ車を利用するのか、もっと大きなトラックが必要なのか選ぶ事が出来ます。
品物によっては計算対象外になるものもありますが、トラックの大きさで料金が設定されています。

部屋の間取りや建物の構造、回収する品物によっては従業員を増員する必要が出てくるので別途料金が発生するようです。

ただし悪徳業者を選んでしまうと、何だかんだとオプション料金が加えられて高額料金を請求されるというトラブルが起きているようなので注意は必要ですが、全ての業者で有り得ない高額料金を請求されるわけではありません。


この記事をシェアする